エクスクラフト|外構・エクステリア専門店

塀、フェンス、生け垣、ブロックと風水|あまり高い塀はダメです

要約

気をつけたいのは、東や東南、南の方位に高い塀を作ると、運気を妨げかねないということです。犬走りと風水、生け垣と封不意の関係も紹介しています。


塀と風水

塀、フェンス、生け垣、ブロックと風水

高い塀を風よけの目的で作る時は、ふつう北風や北西風を防ぐのですから、その方角に植木を配します。

気をつけたいのは、東や東南、南の方位に高い塀を作ると、運気を妨げかねないということです。


犬走りと風水

塀、フェンス、生け垣、ブロックと風水

「犬走り」といって、建物のまわりにコンクリートを打つことがあります。これは周囲の土の湿気の蒸発をとめてしまい、かえって床下を湿気させてしまうので、あまりいい方法ではありません。

犬走りを作ってしまった時や、作らなければならない場合は、次のような家相処理をするといいようです。

  1. 基礎の換気口の個数を増やす
  2. 床下の換気をよくする
  3. 床高を上げるため、基礎を高くする
  4. 床下の土を犬走りのコンクリートよりさらに10cmほど高くする

生け垣と風水

塀、フェンス、生け垣、ブロックと風水

風水では、生け垣はとてもよいとされています。自然の風も通るし見た目にもよいからです。ぜひ生け垣をメインのところに作ってみたいものです。生け垣を作ることで雰囲気はがらっと変わります。


ブロック塀と風水

塀、フェンス、生け垣、ブロックと風水 塀、フェンス、生け垣、ブロックと風水

ブロック塀を使う時は、スリットを入れたり、風窓のすかしブロックを入れたり、ガラスブロックを配したり、フェンスで風が入るようにと様々なやり方があります。

【作成日:2012年5月15日】

関連ページ

スポンサーリンク


フェイスブックで最新情報GET!