エクスクラフト|外構・エクステリア専門店

風水から見た壁の色|外壁の色と庭のバランスも大事!

要約

壁の色は庭づくりには大切なファクターです。外壁と庭の花や木の色による陰陽のバランスも大事です。暖色系と寒色系の花をバランスよく考えていればいいでしょう。


外壁の色

風水から見た壁の色

壁の色は庭づくりには大切なファクターです。建物が主役である以上、その主役の着ている衣装の色ですから、その前で演じる庭にとって外壁の色はとても重要なものです。

日本の住宅建物は茶系をよく使います。あまりきれいな色使いはしません。派手な色を使うと、センスがないように思われる風潮があったのです。そのために庭が映えません。ところが、ヨーロッパやアメリカなどでは、住宅の外壁の色は様々で、オレンジ系やピンク、青であったり、とてもきれいなものばかりです。


外壁の色と庭のバランス

風水から見た壁の色、ナンテンの植木

外壁と庭の花や木の色による陰陽のバランスも大事です。

もし青系の壁など、つまり陰に傾いた外壁の色にするならば、庭の花は暖色系のものを咲かせたほうがいいでしょう。青の壁に青の花では陰と陰になってしまいますから、暖色系の花をうまくアレンジすることが必要です。

茶系やベージュ系なら緑と合わせるのが無難です。つまり、緑の植物を植えるとベストです。そして暖色系と寒色系の花をバランスよく考えていればいいでしょう。

【作成日:2012年5月15日】

関連ページ

スポンサーリンク


フェイスブックで最新情報GET!