エクスクラフト|外構・エクステリア専門店

目隠しフェンスで視線を気にせず庭で遊べる施行例

庭で過ごすコツ

目隠しフェンスを設置

目隠しフェンスで視線を気にせず庭で遊べる施行例

庭で遊べるようなデザインを依頼されることは多いですが、実際は外からの視線が気になって庭を使わないものです。そんな時は目隠しフェンスを設置しましょう!

目隠しフェンスを大人の背の高さ(160cm)以上に設置すれば、庭で子供を遊ばせたり素敵な時間を過ごすことが出来ます。2色のボードを使うことでデザイン性も豊かになり、景観を楽しむことも出来ます。


ブルーの物置

目隠しフェンスで視線を気にせず庭で遊べる施行例

ブルーのオシャレな物置には、子供の遊び道具やガーデニング用品もたっぷり収容できます。物置を組み立てる時に、電柱の支線がぶつかってしまい大変でした...


庭を公園のようにデザイン

足が土で汚れない工夫

目隠しフェンスで視線を気にせず庭で遊べる施行例

枕木風コンクリート製品のベンチをひとつ設置し、中央の土の部分にはこちらも枕木風コンクリート製品を並べ足が汚れないような工夫をしました。肌色の部分は「山砂」というもので、土のような風合いを残しつつ固まるので足が汚れません。


レンガで花壇

目隠しフェンスで視線を気にせず庭で遊べる施行例

道路境界際にはレンガで花壇を作り、丸くカーブさせることでデザインに幅をもたせました。目の前には目隠しフェンスがあるので、通行人の視線を気にせずにガーデニングを楽しむことが出来ます。


工事の詳細

  • 2016年3月
  • さいたま市西区

関連ページ

スポンサーリンク


フェイスブックで最新情報GET!