エクスクラフト|外構・エクステリア専門店

庭への通路(アプローチ)|庭を楽しむためのエントランス

要約

通路としての機能性とともに、庭の施設としての景観性を考慮しなければなりません。意識の転換ができるようアーチを作るなどの工夫をしましょう。


庭への通路(アプローチ)

庭への通路

園路の設定を行う場合、通路としての機能性とともに、庭の施設としての景観性を考慮しなければなりません。また、主庭に入るための園路の場合、通路としての機能だけでなく、意識の転換を図る場所とての役割を持たせることが多いです。例えば、心が改まるような動作として庭門やアーチをくぐらせたり、流れを橋で渡らせたりする場合があります。

さらに、主庭内の園路の場合、景観性を考慮するとともに、建物からの出入り口(吐き出し窓等)とテラス、池、バーゴラなどの施設をスムーズに回らせることが大切です。

【作成日:2012年6月12日】

関連ページ

スポンサーリンク


フェイスブックで最新情報GET!