エクスクラフト|外構・エクステリア専門店

ブロック塀と囲いの目的とは?|防犯とプライバシー保護が第一

要約

境界の確定が一番の目的と考えると思いますが、防犯対策とプライバシー保護が一番の目的です。隣地境界はお隣さんと話し合う必要があります。


ブロック塀と囲いの目的

ビボストーン 、施工例

住宅の周囲に囲いをめぐらす目的は、防犯とプライバシーの保護を第一とします。

ブロック塀や囲いを設計する際、建物や門まわりの様式および街並み景観との調和を配慮します。隣地境界に設置する囲いの場合は、隣地への日照や通風について配慮しましょう。


ブロック塀と囲いの種類

ソリッドストーン、施工例 レンガ、施工例

囲いの種類は様々ありますが、一般的に和風の建物に向くものとして、竹垣や土塀などが挙げられ、洋風の建物と調和するものとして、コンクリートブロック塀・現場打ちコンクリート塀・フェンス・レンガ塀等が挙げられます。生垣は樹種を選択することにより和洋どちらにも合わせる事ができます。

コンクリートブロック塀・レンガ塀・土塀等には、天端の汚れを防ぐための笠木や泥汚れを防ぐ幅木という部分があり、これらの素材やパターンの選択により、様々な表情の変化を見せることができます。

囲いの高さは、視線を遮る目的としては160cm程度は必要です。プライバシーの保護は大切ですが、圧迫感が強すぎてもいけないので注意する必要があります。

【作成日:2012年6月12日】

関連ページ

スポンサーリンク


フェイスブックで最新情報GET!