エクスクラフト|外構・エクステリア専門店

生垣で緑を増やす努力!自治体によって補助金を出すところも有り

要約

植栽の手入れははっきり言って大変です。しかし、少しでも緑を増やす努力をすることで、地球環境に優しいエクステリア作りを心がけましょう!


生垣の概要

生垣

生垣は植物を植えて囲いとしたもので、やわらかい印象を与える囲いです。

緑が少なくなりつつある今日では、重要な街並景観となっていて、自治体によっては助成金を出すところもありますので、一度問い合わせてみるのもよいでしょう。


生垣の種類

 生垣に選ばれる種類として、常緑性で葉の細かいもの、刈り込みに耐えるもの、丈夫なもの、虫がつきにくいもの、下枝の枯れにくいものなどの条件が挙げられます。

よく用いられるものに、カンナモメ、イヌツゲ、シラカシ、サワラ、ウバメガシなどがあります。また景観を考慮して、キンモクセイやサザンカなどの鼻の美しい種類を植えることも多いです。常緑樹が多いですが、花が美しく、小枝が多いものにドウダンツツジ(落葉広葉樹)があり、生垣に利用されます。


メンテナンス

生垣を設置する場合、それぞれの植物の生育条件を把握し、生育環境(土壌や日当り)を整えることが大切です。

また、生垣の美しさを保つために剪定や刈り込み等の定期的なメンテナンスを行うことを留意しなければなりません。

【作成日:2012年6月12日】

関連ページ

スポンサーリンク


フェイスブックで最新情報GET!